知識

目的別ヨーグルトの選び方|メーカーによって効果が違うってホント?



皮膚機能の改善 明治 ブルガリア ヨーグルト(明治) LB81乳酸菌
内臓脂肪の減少 ナチュレ 恵(MEGMILK) ガセリ菌SP株
便秘の改善 ダノンビオ(ダノン) ビフィズス菌BE80
花粉症の症状の緩和、
インフルエンザ感染の予防
森永ビヒダス(森永) ビフィズス菌BB536
免疫機能の活性 明治ヨーグルトR-1(明治) 1073R-1乳酸菌
小岩井 生乳100%ヨーグルト(小岩井乳業) ビフィズス菌BB12

虫歯と歯周病の予防 8020ヨーグルト(四国乳業) L8020菌
ロイテリ ヨーグルト(チチヤス乳業) ロイテリ菌
ピロリ菌の抑制 明治プロビオヨーグルトLG21(明治) LG21乳酸菌
アトピー性皮膚炎などの抑制 おなかへGG!(タカナシ)
おなかにおいしいヨーグルト(メイトー) ビフィズス菌LKM512

発がんリスクの低減 ソフール(ヤクルト) L.カゼイ・シロタ 株

これは初耳でした。
花粉症予防には森永ビヒダスが良いようですね。
用途によってヨーグルトを食べ分けるってのは新しい健康法かもしれませんね。

ヨーグルトはメーカーごとに効果が全然違う!ヨーグルトの選び方まとめ – NAVER まとめ